Greetings! New to Zcash?
The Zcash network is young, but evolving quickly! Sign up and we'll be in touch with monthly highlights on ecosystem growth, network development and how to get started with Zcash!

言語

シールドされたエコシステム

Paige Peterson | Feb 28, 2017

Zcashでは、ZECを送信、受信、格納するために、透明なアドレス、またはシールドされたアドレスを採用することをユーザーが選択できます。この決定は単一ユーザーの個人ファイナンスの可視性にしか影響を与えない選択のように思えるかもしれませんが、どちらかを選択するユーザー全体のトレンドによって、より大きなエコシステムが影響を受けることになります。ブログ記事 「トランザクションのリンク可能性 」で、取引を行う個人や企業がシールドアドレスを使用することによって強化されるユーザーの金融プライバシーについて説明されています。この記事では、シールドアドレスの使用が増加することによって、エコシステム全体のプライバシーが向上する理由について説明します。

数と多様性の強み

Zcashの保護によるエコシステム全体の効果の理解を深めるために、まずは封筒に入った書類や手紙の郵送というより一般的なプライバシー慣行について考えてみましょう。書類自体は一連の一意のオブジェクトですが、一度封筒に入れて封をすると、他の郵便物と同じように見えます。

ほとんどの人が、あまり重要でないメッセージはハガキで送信し、税金や銀行書類など機微性の高い情報については目隠し機能のある封筒を利用するという世界を想像してみてください。重要なドキュメントの内容が封筒内に閉じられていても、封筒と限られた用途という組み合わせが小規模であればあるほど、個人情報の盗難などのターゲットになりやすくなります。重要でない通信に封筒を使用しなくなれば、それだけ封筒に重要情報が含まれている確率が高くなり、犯罪者の成功率が高くなります。

日常的な通信を含め、さまざまな目的で人々が封筒を使用する現在の世界と比較してみましょう。封印されたメッセージの量が増えると、実際の内容はさまざまでも見た目の似ているものが増えます。これにより、個人情報を盗み取ろうとする人が封筒をターゲットとすることに対するリスクと利益について再考せざるを得なくすることができます。

Zcashエコシステムの保護

Zcashエコシステムでは、シールドアドレスの数および用途の多様性が、トランザクションの機密性分析の可否に同様の影響を与えます。

シールドアドレスが少ないトランザクショングラフ

トランザクションで少ない数のシールドアドレスが使用される場合、用途は限定的になります。そのため、シールドアドレスに含まれる値がZEC全体の50%で、シールドアドレスの数が全体の10%である場合、大抵のシールドアドレスに多くの残高があり、盗難のターゲットとなることを想定する必要性は比較的低くなります。また、この少数のシールドセットによって、ZcashブロックチェーンのオブザーバーによるシールドアドレスのユーザーIDプロファイル構築が簡単になります。シールドアドレスから送信される、トランザクションに関連付けられたタイムスタンプなどの公開データは、ユーザーのプライバシー喪失リスクを避けるため、一方通行となっています。

シールドアドレスが多いトランザクショングラフ

一方、Zcashエコシステムではシールドアドレス間でのトランザクションがより大きなセットの中で行われるため、それらのトランザクションとその背後にいる個人を分析しても非効率です。さらに良いのは、すべてのZcashユーザーがありふれた購入などにもシールドアドレスを使用すれば、犯罪者が盗難またはプロファイリングのためにターゲット攻撃を企てる論理的根拠が揺らぐということです。

保護されたエコシステムを目指すコミュニティの取り組み

ありがたいことに、ほかの暗号通貨がユーザーのプライバシーを守るために採用しているほかの方式と異なり、Zcashブロックチェーンの観察者にはシールドアドレスがすべて同一に見えるため、使用されるシールドアドレスの数量に正比例してエコシステム全体の秘匿性が高まります。この投稿の時点では、シールドアドレスが使用されたトランザクションは`29% <https://explorer.zcha.in/statistics/network>`_ 強ですが、完全にシールドされたトランザクション(厳密にシールドアドレス間で行われるトランザクション)はその一部にすぎません。幸い、この割合は上昇傾向にあります。

開発が継続し、エコシステムが成長しているため、前述のパーセンテージは、完全にシールドされたトランザクションのサブセットに加え上昇を続けると思われます。シールドされたアドレスがサードパーティのサービスでサポートされることが、この成長にとって重要な要因となります。リソース要件の削減とシールドされたアドレスのユーザビリティの改善のためのコア開発は、より大きなプライバシープールとシールドされたエコシステムの繁栄に役立つ、もうひとつの重要な構成要素です。私たちは、すべての人のプライバシーを強化するため、ZECの送受信にシールドされたアドレスを使うよう、コミュニティに継続して勧めていきます。

transactions, privacy, explainers | 全てのタグを見る