Greetings! New to Zcash?
The Zcash network is young, but evolving quickly! Sign up and we'll be in touch with monthly highlights on ecosystem growth, network development and how to get started with Zcash!

言語

支払いコンテキスト&シールド・アドレスの再利用

Paige Peterson | Apr 19, 2017

Zcashで提供されるプライバシーにより、ユーザはそのアドレスに送られた取引が そのブロックチェーンにリンクされるようになる 心配なく、遮蔽された支払アドレスを一般もしくは複数の個人に開示することが可能になる。遮蔽されたアドレスから、もしくは遮蔽アドレスへ送信する時、その側に関連するデータは暗号化される(公開アドレスから受領する、もしくは公開アドレスへ送信する場合にも同様)。

たった一つのシールド・アドレスのために明かされたデータ

個別支払いコンテキスト

シールド・アドレスは暗号化されていますが、支払いアドレスの範囲は検討すべきことです。

アリスが自宅で営む小さな会社を持っている場合、自宅の住所に送られた全ての会社宛の郵便物によって、たとえ通信の詳細は封筒の中にあるため安全だとしてもアリスの私生活とビジネスの間に明確なつながりがもたらされます。同様に、アリスがサービスや製品、個人のブログ(寄付を受けるための同じZcashアドレスを使ってブログに投稿)に対してZcashを受け付けるビジネスを持っている場合、第三者がビジネスとブログを関連付ける可能性があります。

従って、ビジネス通信文の受け取り用に別個のビジネス・アドレス(私用のメイルボックスなど)を持つのと同様に、アリスにはビジネスとブログ用に別々の支払いアドレスを使用することを推奨します。

シールド・アドレスの再利用

同じ文脈内では、支払の受取に遮蔽アドレスを再利用するのが*確かに*望ましいことに留意してほしい。大多数の暗号通貨では、受領する取引ごとに新しいアドレスを生成するのが標準的な慣行になっているが、これは遮蔽アドレスを使っている場合には問題ではない。実際には、多くの異なるアドレスを追跡する余計な面倒を省き、更に 新しい取引を生成する際に消費される出力数を減らすことができる。この現象により、取引サイズ全体をより小さくし、ゼロ知識での認証を生成するのに必要とされるリソースが小さくなる。

この区別の良い例は、非営利のRiseup.netにある 献金ページ に見ることができます。支援者がビットコインによる献金をする場合、支援者には新しく生成されたアドレスが提供されますが、Zcashによる献金をする場合、同じシールド・アドレスが全員に提供されます!

目的ごとに1つのシールド・アドレス

同じ文脈でZcashの支払いを受ける場合には、先例に倣ってシールド・アドレスを再利用することをお勧めします。ただし、関連付けなしのままにしておく必要がある文脈では、シールド・アドレスも関連付けしないようにご注意ください。

ユーザーのプライバシーに関する更なる留意事項は、プライバシー & セキュリティに関する推奨 をご覧ください。

transactions, privacy, explainers | 全てのタグを見る