Greetings! New to Zcash?
The Zcash network is young, but evolving quickly! Sign up and we'll be in touch with monthly highlights on ecosystem growth, network development and how to get started with Zcash!

言語

リリースの周期と存続期間

Nathan Wilcox | May 01, 2017

5月より、Zcashの開発努力では新しいリリース方針を推進します。ユーザーの皆様には、さしあたり次の点にご留意ください。

かなり積極的なアップグレードスケジュールになるため、お客様の状況に合わない場合は、なるべく早く ご連絡ください 。ユーザーとして必要な情報は、以上です。この記事の後半では弊社の論理的根拠とプロトコル更新の詳細を解説します。

安全性と品質の向上

発売以来、3週間毎のタイトなスケジュールでリリースを発表してきました。 最新版1.0.9のリリースの延期1.0.8-1 ホットフィックスのリリース は例外でしたが、 それまではすべて予定日の数日以内にリリースしてきました。

新しいプロセスでは、次のリリースまでに若干多くの時間を要します。この時間を 使って、プレリリース版をより完全なものにするためにパッケージのテストや 各リリースの振り返りミーティング、長期的な 優先事項に関するロードマップ のためにプレリリース版の 調整を開始する予定です。

明確な調整

この新しいポリシーで最も重要な変更点は、「リリース のライフサイクル」を明確にすることです。ライフサイクルで最も重要な点は、 リリース日と 廃止日 です。廃止日は、リリースから 約4 ヶ月後の第3火曜日です。

廃止日に至っていない アクティブなリリース には、 セキュリティの問題を修正し、バグレポートを調べて 生産ネットワークの混乱を回避し、ユーザーが最新リリースに アップグレードできるよう最善を尽くします。廃止されたリリース を 使用している場合は、 最新リリースにアップグレードしてください。

このサイクルを体系化するため、1.0.9から オートセネッセンス と 呼ばれる機能の導入を予定しています。 この機能は、ノードが終了 フェーズに達すると自動的に終了するものです。(以下で説明するとおり) 当社の目的はユーザーが自分で選択することであり、強制したり管理したり することではないため、この機能には常にオプトアウトの選択肢があります。

重要な注記: このポリシーは完全にシングルリリースのコンテキスト で定義されているため、ユーザーはこのインストールに関する ポリシーを理解するために、今後のリリースおよびそのリリースに関する 新しいポリシーについて知る必要はありません。

ユーザーの自主性: 廃止 vs 自動アップグレード

弊社では、ユーザーの自由選択が重要であると考えています。抽象的に聞こえるかもしれませんが、技術設計における選択に直接的かつ非常に大きな影響を与え、自動アップグレード ではなく、廃止 アプローチを選択するという役割を果たします。

アプリの自動アップグレードには多くの利点があるため、広く普及しています。自動アップグレードの重要な利点の一つは、脆弱性と技術的不具合をネットワークから取り除き、ネットワーク全体を安全にするために、旧バージョンのソフトウェアを時代遅れのものにすることです。

一方、ほとんどのユーザーは、既定の設定を使用し自動アップグレードを既定としているのでアプリケーション開発者グループだけがユーザーに影響を与えます。多くの人はこれを優れていると考えていますし、実際に多くの場合優れています。しかし、我々は、このような種類の技術的発展のために事実上のガバナンスにさらに踏み込むことを検討しています。

自動アップグレードではなく廃止をお勧めします。ユーザーが 当社*のニューリリースにアップグレードするか、*他社 の別ソフトに変更するかは自分で選択しなければなりません。古いソフトウェアを削除するというシステム上の利点があると考えていますが、ユーザーは、アップグレードのたびに明示的にオプトインする必要があり、内容を詳しく調べたり、別の選択してしまう機会となります。

Zcashにとって廃止はどのような利点があるか

ユーザーと当社の開発コミュニティの間で合意しているため、 本スケジュールに従ってプロトコルのアップグレード、セキュリティの修正、 ユーザビリティの向上、技術的不具合の修正を始めることができます。

5月にリリースされる1.0.9でこのポリシーが導入されれば、 Sapling 機能セット にプロトコルを アップグレードする予定です。

また、支払いの開示 などユーザビリティの改善点を推進することができ、 数ヶ月後にはこの改善点が普及す*べき*であるとの支援を得ていると実感できます。 それゆえ、すべてのウォレット やベンダーは、継続的に拡大するエコシステムから 恩恵を受けることができます。

ユーザーは、自分のローカルな設定を編集したり、別の実装をインストール することで我々の廃止ポリシーを拒否する場合があるため、「すべきである」と 強調しました。この場合、我々の方向性に沿ったユーザーの権利に関する明確な シグナルを ユーザーコミュニティから受け取るので、 これは、ガバナンスを改善する 重要なメカニズムの一つと言えます。

お気軽にお問い合わせください

今回の新リリースポリシーについて、ご意見やご感想をお聞かせください。コミュニティチャット または直接 電子メール をご利用いただけます。

[1]1.0.9以前のリリースをいつ、どのように廃止するか現在検討中です。

zcash, releases, users, software, consensus, forks | 全てのタグを見る