Greetings! New to Zcash?
The Zcash network is young, but evolving quickly! Sign up and we'll be in touch with monthly highlights on ecosystem growth, network development and how to get started with Zcash!

言語

プロジェクト・アルケミーの紹介

Jay Graber | Sep 19, 2016

Zcashとイーサリアムのブリッジング

Zcashとイーサリアムのブリッジング

暗号通貨の発展に貢献しているZcashの技術革新は、ゼロ知識証明のアプリケーションを介したブロックチェーンでの確実なプライベートトランザクションのきっかけとなりました。しかし、このエコシステムの価値の大部分は、一人ひとりの力によって構築されたプロジェクトにあります。イーサリアムによって開発されたオープンソースのプログラム可能なプラットフォームは、これまでには実現できなかったような新しいシステムを構築するよう開発者をインスパイアしています。当社のチームは、ブレインストーミングによる将来性のあるアプリケーションの開発を開始しています。

私たちが作業中のプロジェクトの1つに、コードネーム Project Alchemy があります。これは、Zcashとイーサリアムの統合であり、2つのブロックチェーン間の交換の分散化を可能にします。最初に注力しているコアコンポーネントは、クロスチェーン オーダー で、オーダー実行の分散化を可能にします。

動作方法の基本的な概要は次の通りです。売り手は、オーダー と呼ばれるイーサリアム契約を発行でき、適切にフォーマットされたZcashトランザクションを送信することで、誰もがその契約を遂行できます。イニシエーターが交換を希望するファンドは、それに合致する買い手を待つ間、基本的にスマートコントラクトによる預託で保持されます。買い手は、宛先アドレスを含む可能性のあるZcashトランザクションを作成できます。このトランザクションの有効性は、ファンドが取引を完了する前にイーサリアム契約で検証されます。

ビットコインとイーサリアムの交換用ブリッジの実装はすでに BTCリレー に存在しているため、この線に沿って [1] Zcashの交換モデルを作成する予定です。このアイディアをさらに発展するには、いくつかのステップが必要です。その1つは、SolidityでのBLAKE2bハッシュ機能の実装であり、これはZcashのプルーフオブワークのチェックに必要です(すでに記述済み )。ハッシュ機能は、Equihashベリファイアの実装に使用されます。Zcashのプルーフオブワークが検証できると、オーダー ロジック用の契約テンプレートを作成できます。そして、2つのブロックチェーン上でオーダーを発注、検出、遂行するためのUIコンポーネントが必要になります。

小さいながらも献身的なZcashチームは、現在、安全で使いやすいオープンブロックチェーンをローンチするために時間とエネルギーを注いでいます。実現したいことをすべて今すぐ構築する能力はありませんが、ローンチ後はこのようなプロジェクトの開発を開始する予定です。

フォーラムSlack チャネル(このプロジェクトの #alchemy を含む)で、このようなプロジェクトディスカッションにご参加ください。

[1]若干の変更が行われた同じビルディングブロックでも、ビットコインとイーサリアムの分散型の交換が可能であるため、通貨を非中央集権型の市場価格機構を通じて3つのシステム間で流通することができます。