Greetings! New to Zcash?
The Zcash network is young, but evolving quickly! Sign up and we'll be in touch with monthly highlights on ecosystem growth, network development and how to get started with Zcash!

言語

Zcashプライバシーの新しい実証研究

Zooko Wilcox & Jack Gavigan | Dec 04, 2017

本日、ミシガン大学ディアボーン校の研究者ジェフリー・ケスネル氏が、登場1年目のZcashブロックチェーンのプライバシーの有効性に関する 論文 および ブログ を公開しました。この研究によって明らかになったZcashの脆弱性はありません。しかし、研究結果では、利用者が誤った使い方をした場合、Zcashが(他のどんな金融プライバシー技術でも同様ですが)その利用者を保護しきれない可能性がある点が強調されています。

要点をまとめると、Zcashには “シールドされた” アドレスと “透明な” アドレスがあります。透明なアドレスに格納されたZcashは、ブロックチェーンの全員が見ることができる状態にありますが、シールドされたアドレスに格納されたZcashは見えません。

この誤った使い方とは、特定の金額をシールドされたアドレスに移動し、それから同じ額をそこからもう一度移動することです。これは1月の ブログ記事 に書いたものです。

透明なアドレスの間でシールドされたアドレスが使われたとしてもトランザクションシリーズに潜在的な値のリンク可能性があることを示す図

観察者はアリスが送ったお金がキャロルに送金されたに違いないということを推測できます。これはすべての金融プライバシー技術が抱える問題で、例えば、所有しているビットコインをShapeShiftを使ってプライバシーコインに両替し、その後またShapeShiftを使ってビットコインに戻した場合も同じことが起こります。

ジェフリー・ケスネル氏の論文では、Zcashブロックチェーンを検証してこのような使用パターンが探られています。研究結果をまとめると、合計で10,946件のトランザクションペアがこのパターンに当てはまるようであり、これはシールドされているコインの31.9%を占めます。 同氏が公表したトランザクションのリスト を私たちが分析した結果、トランザクションの84.64%が新しくマイニングされたコインをシールドしており、これはペアの最初のトランザクションがマイナーまたはマイニングプールによって送信されたことを意味します。Zcashプロトコルでは、新しくマイニングされたコインは透明なアドレスに送信される前にシールドされる必要があります。このコインがその後にシールドを解除されたということは、受信者が透明なアドレスでマイニングの支払いを受け取ることを選択したということになります。

つまり、このコインがシールドされていたのは送金元ユーザーがプライバシーを求めたからではなく、他の透明なアドレスに送金するためにZcashプロトコルによってコインのシールド設定および解除を強いられているからです。論文では、zアドレスからtアドレスに送金された資金を受け取るときに強力なプライバシーを期待するユーザーに対して適切な警告が述べられています。最高のプライバシーを求めるユーザーは、zアドレスで資金の受け取りと保管を行う必要があります。

観察された使用パターンの残りの15.36%は、Zcashをシールド設定してそれから解除した場合に強力なプライバシーが得られないことを理解していなかった人々によるものだった可能性があります。

この類の露出から自身を守るためには、シールドされたアドレスを お金を通過させる ものではなく、 お金を保管する ものだと考えることです。シールドされたアドレスにお金を保管し、必要に応じてその一部を送金した場合のプライバシーは非常に強力ですが、アドレスに入れたお金を直後にそっくりそのまま他の場所へ移動した場合はプライバシーはしっかりと守られません。(前述したShapeShiftによるプライバシーコインの出し入れなど、他の金融プライバシー技術を使った場合も同じことが言えます)

この手の科学的な実証研究は、研究員や制作者が何が機能して何が機能しないかを知ったり、ユーザーを保護する方法を学ぶ上で役に立つものになる必要があります。この類の科学研究の以前の例としては、 Monerolink の論文や シンガポール国立大学の論文 などがあります。最近、Zcash財団はルクセンブルク大学の研究員チームにZcashブロックチェーンをさらに研究するための 助成金を提供 しました。ジェフリー・ケスネル氏のこの新しい論文は、プライバシー技術の実世界への影響の科学的な理解を深める素晴らしい研究結果です。このような研究を成し遂げた同氏に感謝の意を表します。

私たちはZcashのプライバシー特性に対するこうした類の研究を歓迎し、応援しています。そして研究を進める中で私たちにお手伝いできることがあれば、ぜひご連絡ください。また、研究の結果がユーザーを危険にさらす可能性がある場合は、Zcashユーザーの保護のため、事前に私たちにご連絡いただけますようよろしくお願い申し上げます。

privacy, transactions | 全てのタグを見る