Greetings! New to Zcash?
The Zcash network is young, but evolving quickly! Sign up and we'll be in touch with monthly highlights on ecosystem growth, network development and how to get started with Zcash!

言語

新しいリリース: 1.0.9

Nathan Wilcox | May 24, 2017

本日Zcash 1.0.9. をリリースしたことを発表いたします。これは検証、セキュリティ、ベンチマーク、自動化、ポータビリティに特化したリリースサイクルの最初のリリースとなります。

このリリースは リリースサイクルとライフタイム の投稿で説明されている自動廃止機能の最初のもので、また`AMQPプロトコル<https://www.amqp.org/>`_へのオプトインも導入しています。

全てのユーザー、マイナーにアップデートを推奨しております。詳細については ダウンロード ページと 1.0ユーザーガイド をご覧ください。

  1. Implemented automatic deprecation shutdown. #2297
  2. Added opt-in AMQP support. #2189, #2362, #2280
  3. Performance benchmarking and testing improvements: fix hang in benchmarking CI automation, add connectblockslow benchmark, re-enabled miner tests, improved error reporting in rpc-tests framework, changed default regtest port. #2397, #2372, #2389, #2376, #2265, #2270
  4. Automated the release process, added build diagnostics for better user support, and fixed versioning problems in debian packaging and manpages. #2393, #2369, #2281
  5. Added test for pairing bug when G1 is infinity. #2399
  6. Documentation: Clarify release policy, added wallet backup instructions, and fixed some incorrect references to "bitcoin". #2401, #2340, #2364, #2338
  7. Added alert sources for 2017-04-13 security incident. #2293

Zcashのコードベース自体への改善点に加え、継続的なインテグレーションシステム(CI)にも大幅な改善を加えました。Buildbotフレームワークのアップグレード、より簡単なメンテナンスのためのモジュール化されたCIコード、「サポートVS非サポート」ビルドワーカーフレームワークの導入、カバレッジ分析の修理、新しいベンチマークの追加などが挙げられます。

これらの変更は、より多くのプラットフォームへのサポート追加、スマートに選択された最適化へのベンチマーク追加、今後のリファレンスクライアントリリースへの影響を最小限に抑えたCIシステムのさらなる改善を可能にします。

さらに詳細な情報は、 1.0.9 GitHubマイルストーンを参照してください。 進捗状況を知るには the GitHub project を参照したり、 フォーラム にご参加ください。

releases, sprout, bugs, testing, performance, scaling | 全てのタグを見る