Greetings! New to Zcash?
The Zcash network is young, but evolving quickly! Sign up and we'll be in touch with monthly highlights on ecosystem growth, network development and how to get started with Zcash!

言語

最新ベータリリース:監査の軽減とバグ修正

Jack GriggとSimon Liu | Oct 04, 2016

本日、 Zcash リファレンス実装の第2のベータリリース、 1.0.0-beta2 をTestnetに導入しました。これは、Zcash Betaシリーズの2番目のリリースです。新しいリリースには、次の変更点が含まれています [1]:

  1. アドレスプレフィックスを変更しました。(#1477
  2. パスフレーズでウォレットを暗号化すると、zaddrsの支出キーも暗号化されるようになりました。(#1372
  3. 創設者報酬のアドレスが毎月ローテーションするようになりました。(#1398
  4. 無効にしたコンパイラ警告を再び有効にし、BoostやOpenSSLを含むすべての依存関係が更新されました。(#1429
  5. アップストリームパッチをマージし、DoS攻撃のリスクを軽減しました。(#1411#1407
  6. dnsseedを導入し、起動およびネットワークへの接続を改善しました。(#1443
  7. RPCコールgetbalanceが、UTXOの正しいバランスを返すようになりました。(#1427
  8. 優先度の高いアラートによって、RPCがセーフモードで実行されるようになりました。(#1374
  9. 公開パラメータを更新しました。(#1476

このリリースでは、ウォレットの信頼性が向上していますが、キーのインポートや再起動後の再スキャンなど今後の課題も残されています。ウォレットに関する問題が発生した場合、ノードを停止し、-reindex フラグを指定して再起動してください(例: ./src/zcashd -reindex)。

このリリースは、testnetをリセットし、以前のすべてのコインを無効化し、下位互換性を保ちません。新しいtestnetに接続するには、『Beta Guide』 の指示に従ってください。

さらに、zctestseie6wxgio.onion でTor秘匿サービスを介してメインのテストネットワークノードに到達できます。

進捗状況は、 Github プロジェクト で、または フォーラムに参加 してご確認ください。 Zcash Sprout の完成時にメールで通知を受けとるには、 こちら にメールアドレスを入力してください。

[1]詳しくは、1.0.0-beta2 リリースgithubマイルストーンを参照してください。