Greetings! New to Zcash?
The Zcash network is young, but evolving quickly! Sign up and we'll be in touch with monthly highlights on ecosystem growth, network development and how to get started with Zcash!

言語

最新アルファリリース:高速なブロック時間

Taylor Hornby | Jun 17, 2016

本日、Zcash リファレンス実装の新しいアルファリリース、 v0.11.2.z5 をTestnetに導入しました。新しいリリースには、次の変更点が含まれています [1]:

  1. 通貨供給曲線(#989)を変更することなく、ブロックインターバル目標が2.5分に短縮されました。
  2. 難易度をDigiShield v3 / v4(#147#1004)に基づいて調整できるようになりました。
  3. コインベース報酬を使用するには、事前に透明なトランザクション(#1017)で保護される必要があります。
  4. 上流のソフトフォークルールは、現在、最初からすべてのブロックに無条件で適用されます。(#1016
  5. Equihashの実装はさらに最適化され(#988)、より難しい(高いメモリの)パラメータ(#1003)に切り替えることができます。この違いは、パフォーマンストラッカーで確認できます。
  6. -relaypriority デフォルトは false に設定されており、マイニングの立ち遅れ中(#1001)の低価値報酬の支出を可能にします。
  7. ノートのコミットメントツリーの深さが20から29に増加しました(#994)。JoinSplit作成時のメモリ使用量の増加は、こちら で確認できます。
  8. Zcashアドレスと支出キーがBase58Check(#1026)でエンコードされるようになりました。

以前のアルファリリースと同様、これによりTestnetがリセットされ、以前のコインは無効になり後方互換性も失われます。新しいTestnetに接続するには、公式アルファガイド の指示に従ってください。

進捗状況は、 github プロジェクト で、または フォーラムに参加 してご確認ください。 Zcash Sprout の完成時にメールで通知を受けとるには、 こちら にメールアドレスを入力してください。

[1]詳しくは、プロトコル2016.1実装 githubマイルストーンを参照してください。