Greetings! New to Zcash?
The Zcash network is young, but evolving quickly! Sign up and we'll be in touch with monthly highlights on ecosystem growth, network development and how to get started with Zcash!

言語

取引の柔軟性、その変異について

Simon Liu | Aug 31, 2016

取引の柔軟性は、ビットコイン由来の暗号通貨にとって長い間の懸念事項であり、Zcashチームでも取り組むべき課題であると認識しています。ここで、何が問題なのか、そして長期的に見てなぜこの解決が重要なのかについて考えていきましょう。

一言で言えば、通過の柔軟性とは、ネットワークを通して広まる中で移動中に妥当な取引の修正が可能となることを指します。詳細は こちら でご確認ください。修正者は送信者のプライベートキーにアクセスできず、私的利益のための資産を盗むことができない一方、修正された取引はネットワークでは妥当であると捉えられるため、問題を生じさせることになります。すなわち、異なる取引IDを使って同じコインを使おうとしている2つの取引が成立し得るのです。

こうした修正はしばしば めんどうな ものだと捉えられがちですが、取引の柔軟性は現実世界と同じインパクトを持ちます。第一に、ウォレットソフトウェアは資産の動きを追跡するために取引IDに依存することはできません。第二に、チェーン取引に依存しているビジネスでは、1つの取引からの変化が即座に新しい取引に影響し、チェーンが破壊される可能性があります。第三に ライトニングBOLT のようなオフチェーンで取引を向上させる方法は、取引の柔軟性が最初に解決された場合には、より実践的なものとなります。

では、どのように柔軟性を修正するのでしょうか? 提示された解決法の1つとしては、 Segregated Witness (segwit)をバックポートすることで、柔軟性を含む問題点に取り組むというものがあります。しかし、segwitは当時まだ完成に至っていなかったため、数ヶ月前、Zcashプロジェクトのタイムラインではこれは不可能であると`決断しました`_。現在、segwitの開発は ほぼ完成に近いと言えます。しかし、ビットコインネットワークを通して活用し、作動するには時期尚早です。

より小規模でより焦点を絞った試みについては、 z8アルファ版リリース として数週間前にリリースし、テストネットワークを展開させています。日々の使用においては問題は発生していませんが、私たちは常に、これはエッジケースであり、まだ検知できていないセキュリティ上の課題があり得ることを意識しています。事実、新規に採掘されたブロックはDoSのリスクをもたらす改変が施される可能性があるというバグがありました。幸いにも、これはZcashの 安全監視 システムの一部であるオーディターによって発見されました。修正そのものはいたって単純であるものの、続いて起こった 議論 では、包括的で 完全なソリューションを提供するために評価が必要となるチームにとって多くの課題が挙がることとなりました。

検討の結果、入手可能なリソースとプロジェクトの予定を鑑みて、チームはこれまでに加えた変更を元に戻すことにしました。新規の未知のものを出すよりも、知られているものをローンチした方が賢いと考えたためです。取引の柔軟性に向けての探索は、開発プロセスにおけるサードパーティレビューの重要性を浮き彫りにしていますが、これは特に、最小限の変化でも、予測しがたいカフカ的副作用を起こし得る合意的プロトコルにおいて当てはまります。わずかな変化でも気がついてくれて、Coinspect を行ってくれるオーディターには非常に感謝しています!

最新のZcash z9アルファ版のリリース を動かして、バグや問題点、また目に止まった使い勝手の問題などを知らせてください。チームには、GitHub問題点 に入力するか、 Zcashコミュニティチャット チャネルを通してコンタクトできます。よろしくお願いします。