Greetings! New to Zcash?
The Zcash network is young, but evolving quickly! Sign up and we'll be in touch with monthly highlights on ecosystem growth, network development and how to get started with Zcash!

言語

ハッシュ関数の衝突の歴史

Zooko Wilcox | Feb 24, 2017

長い間危険性が高いとみられていたSHA-1ハッシュ関数は、昨日の時点で 公式に破られて しまいました。ハッシュ関数攻撃への関心の再興を踏まえ、ここで安全なハッシュ関数への攻撃について以前書いた記事をもう一度取り上げてみましょう。興味深く、何らかの役に立つものと思われます。

記事全文を読むには、https://z.cash/technology/history-of-hash-function-attacks.html にアクセスしてください。

この分析の主な結論は、衝突攻撃にも安全な暗号システムは(たとえプリイメージ攻撃には脆弱であったとしても)、衝突攻撃に対し脆弱なシステムに比べはるかに強力であるということです。同様に興味深い結論としては、1996年(Tiger)から2000年(Whirlpool)の間のどこかで、衝突に耐性のあるハッシュ関数を作る方法が学ばれたのではないかという点があります。この時期以降、有名な安全なハッシュ関数はひとつとして衝突攻撃に屈していないためです。おそらく今のハッシュ関数、例えば SHA-256、SHA-3、BLAKE2 は今後も破られることはないでしょう。

記事の図解的参照物として、色分けした衝突攻撃の年代順の図、同じくプリイメージ攻撃の図、そして保護されたハッシュ関数へのよく知られている攻撃を分析したものを含めてあります。

衝突攻撃の時系列的展開

Andreas Hülsing、Samuel Neves、ZcashエンジニアのDaira Hopwoodに対し、この調査への協力を感謝します。

cryptography, hash functions, BLAKE2 | 全てのタグを見る